2005年02月28日

キアヌーリーヴスの"コンスタンティン"

米国では Feb 18から公開されている地獄映画 「コンスタンティン」 だが、キアヌー、地獄映画という組み合わせはかつての名作映画 「ビルとテッドの地獄旅行」を思い出す。

あれはすばらしい映画だった。
ビルもテッドも能天気なところがいい。 あと、死神がとてもよかった。あれは歴史に類を見ないノリのいい死神だ。

俳優が楽しんで演じている(ように見える)馬鹿映画というものはすばらしい。

似たような物に"リターンオブザキラートマト"のジョージ・クルーニーが あげられる。アレもすばらしい作品だった。
「Tomato Lover!!」

さて、現時点でのGoogleでの検索結果は

ビルとテッド コンスタンティン の検索結果のうち
日本語のページ 約 248 件中 1 - 10 件目 (0.26 秒)

とのことだが、これから日本での公開に向けてさらに 増えるに違いない。

コンスタンティンは必ず見に行こうと思っています。

posted by jitterbug at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SeeSaaの音声化機能、感動した。

これはよいものだ。
前回の記事のmp3 を一度聞いてみて"萌え族"を連呼する機械男性声に萌えた。
あと、音声化ブログでは スパムメールを音声化している。すばらしいアイデアだ。
それはさておき、 通勤経路が長く、暇をもてあましがちな私にとって記事を読み上げてくれる サービスは非常に助かる。ブログは電車の中でPDAで読むことも出来るが やはりだらだらと音声で聞くほうが楽でもあるし、優先座席近辺で 携帯使ってるよこいつ的な眼で見られなくても済むからだ。

これでいくつかの記事を聞いているうちに 自前で音声を生成できないかという欲求が高まってきた。
ニュースやスレッド中の記事などを読ませてみるというのはどうだろうと ふと思ったのである。

ということで、以下に自分用のメモを書いてみることにした。

ここに音声読み上げアプリケーションの種類が上げられている。 音声読み上げ関連アプリのメモ

これらのうちでオープンソースの物は、まず目に付くのは、 Bilingual Emacspeak Projectとなる。
WEB閲覧環境としてのEmacspeak/BEPから Bilingual Emacspeakのデモに飛ぶと 変換されたmp3を聞くことが出来る。

使うとするならばBEPになりそう。

あと、BEPで気になったのはこれ。

Windows版Bilingual Emacspeak (別名 Voice Meadow)は、
文字の言語に応じて自動的に音声合成エンジンを切り替えて喋ります。

我々がバイリンガルにこだわっているのは、
日本人の知的活動には英語も日本語も必要だからです。

SeeSaaの音声化では babyを"びーえーびーわい"なんて読んでいたがこれはやはり"べいびー"と 読んでほしいもの。
これによりきちんと英語の部分も読まれるだろうから より理解しやすい音声になるだろう。

と思ったが調べてみると、以下なので、完全にフリーということではないようだ。

あと、Linux版のBrltty Plusというのがあるが どうやら製作者のページ では公開されていないようである。
オープンソースじゃないのか?
株式会社エクストラとかいうところで売られているのは確認できたのだが。

で、もう少し調べてみたら linux-users MLの "Linuxは日本語をしゃべれますか?"スレッドの発言 でベルギーの MBROLA というのが日本語の音声DBを公開しているとか 書いてあったがTTSについては記述されていない。

やはりネックはTTSエンジンかもしれない。 こうした物はフリーで公開したくないものだろうから。

ちなみにWindows上では 東芝音声システムのTTSエンジン(lalaVoice) が音声の種類も多くよいとのこと。

まぁこの件についてはのんびりと実現の方法を探ることにしよう。
posted by jitterbug at 01:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

いつのまにやら増殖してる「萌え族(仮)」

初出は"ジャーナリスト(自称)"の大谷昭宏氏である。
当時はまじめな議論で沸騰していた。 まじめな話題は検索すれば山のように 出てくるので他に譲ることにする。

さて、こうしたお門違いの批判は時間がたつと 忘却により丸められ、議論も怒りも沈静化する。
そして、思いつきで作った地方公共団体の"ハコ物"のように 使われることもなく形骸だけが残ることとなる。

しかし、このハコ物も 時が経つと雑草が生い茂り小動物や昆虫の住処となる。 想定された使い方ではないが、なんらかの利に 供している。これはある種の豊かさだと思うのだ。

そして、今、この"萌え族(仮)"はいろんな滋養(?)を 吸収し創始者本人の手の届かないところで 亜種を生み出している。これはすばらしいことだ。

googleで「萌え族」を検索すると以下が出てきた。

  • 大谷萌え族(仮)
  • メカ萌え族(仮)
  • 弥生萌え族(仮)
  • 百合萌え族
  • 横澤りか萌え族
  • 着せ替え萌え族(仮)
  • 正字正かな萌え族
  • 作業車両萌え族(仮)
  • アニメサントラ萌え族(仮)
  • KAORI萌え族
  • 切り刻みたいほど萌え族(仮)
  • ヒンヌー萌え族
  • ほっちゃん萌え族(仮)
  • バイク萌え族
  • 暴走萌え族
  • から揚げ萌え族
  • 霊短類ヒト科羽根萌え族
  • 安倍萌え族(仮)
  • 妖精萌え族
  • 活字教養萌え族
  • 韓国スター萌え族

ずいぶんと便利な言葉だ。

posted by jitterbug at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

2005年02月26日公開の映画と映画板のスレッド

今日公開の物は少ない。

まずは"プリティ・プリンセス2"から。
日本では"プリティシリーズ"最新作とか銘打っているが 原題は "The Princess Diaries"である。 全くプリティ関係有りません。
日本人のブランド嗜好がそうさせるのだろうか。

"沈黙シリーズ"とか"Death wishシリーズ"(こっちはもともとシリーズなのだが) ならシリーズとしてまとめるのも納得がいくのだが。

なお、ストーリーについては、前作で主人公がラヴだった マイケルがどっかに行って(つか、いないことになって)しまったらしい。 今回の男達は揃ってセレブだそうな。 ま、"Royal Engagement"だし
マイケルも"通り過ぎて行った男"だったのね。

一方の"Beyond the Sea"はあまり話題にはなっていないが 良作の予感。

更新数/日 記事数 映画タイトル スレッドへのリンク
1.86 27 プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング 【Princess】プリティ・プリンセス12【Diaries】
0.93 12 ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜 【天才】ビヨンド the シー 夢見るように歌えば【歌手】

セルラーは巻き込まれ型サスペンス。
実は巻き込むのは必然的だった、という落し方がこのようなサスペンスでは 定石だがどうなることやら。

"火星人メルカーノ"はアルゼンチンのアニメ映画。
"猟人日記"はユアン・マクレガー主演。

スレッドが立てられていないもの
猟人日記
セルラー
火星人メルカーノ
posted by jitterbug at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

【ニッポン放送騒動】結局損するのは株主ってことか?

今回の大幅増資には、お金が足りないから印刷してみました、という においを感じる。ニッポン放送株は希薄化するだろう。

ポイズンピルでのっとりを防ぐのは結構だけれど、 株を増やすことで既往の株主にかける負担なんてものを 取締役が考えず、既にある体制を維持したいがために 負担を一方的に強いるのは、"公共"企業としての フジテレビ、ニッポン放送の資質を疑う。

あと、今回の騒動を経ても彼らは何も変えないだろう。 私には、今回の"維持のための細工"は 従来の体制の維持、既得権益の保持にしか見えない。

公共工事・銀行・物流・環境などはバブルを経て大きく{変わった|変わろう としている}のに総務省にぶらさがった 電波屋は何も変わろうとしない。

公共の電波を使って広告を垂れ流しているだけだ。 仕事する気あるのかねぇ。

さて、今日の株価は"ライブドア", "フジテレビ", "ニッポン放送"三者そろって "通信"カテゴリでもトップクラスで仲良く落ちている。

昨日の終値との差分 落下が激しい企業リスト
社名 前日比 当日値 前日値
ニッポン放送 -7.60% (-520) 6280 6800
オリコン -7.10% (-26000) 341000 367000
ライブドア -6.50% (-23) 330 353
日本ラッド -6.00% (-26) 409 435
イーシステム -5.50% (-5000) 86100 91100
アイ・エム・ジェイ -4.00% (-5000) 120000 125000
フジテレビジョン -3.80% (-9000) 225000 234000

シギと二枚貝が戦って両者にっちもさっちも行かなくなっているところに漁師が来て 両方捕まえて行ったという故事があるけれども、その漁師はリーマンなのか、その他の 第三者なのか(大和はないだろう)分からないが、両者損して騒動が落ち着くような気がする。

posted by jitterbug at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

2005年2月19日公開の映画と映画板のスレッド

今週、スレッドが立っているのは3 作品のみ。その中で目立っているのは"MAKOTO"である

"ダブリン上等!"はコリン・ファレル主演。
こちらでは大軍を指揮することなく、悲哀ただよう男を 演じている。
やさぐれて、マスク被って強盗、ということでは仏映画の "Killing zoe"を思い出すが、あれみたいな凄惨な強盗ではなく おとぼけた強盗劇になるだろうから気安く見に行くのもいいかも知れない。

更新数/日 記事数 映画タイトル スレッドへのリンク
15.84 134 MAKOTO 君塚良一監督作品MAKOTO
3.77 509 Uボート 最後の決断 【急速】 U・ボート 2番艦【潜行】
0.38 13 ダブリン上等! ★I fought the Law★ダブリン上等!★★

でも、個人的に注目しているのはセガール先生が出ている "ICHIGEKI/一撃"である。タイトルは"DENGEKI/電撃"とよく似ている。

セガールアクションと言えば以下のテンプレートで 知られている。

  • 元工作員
  • 今は引退(別の仕事 or 隠棲中)
  • どこかで怒りが爆発
  • 引退してはいたもののいつか使うだろうと思って隠していた武器を取り出す
  • 敵が来る
  • 爆薬仕掛けたりする(電子レンジとか使う)
  • ぽきぽき敵を折る
  • 敵の中ボスあたりが昔のセガールを知っていて「あいつは恐ろしい奴だ」とか言う
  • ラスボスとは銃以外で戦う
  • 勝つ

しかし、一度だけ、"エクゼクティブ デシジョン"で これをある意味逆手に活かした脚本が有って感動した。
なお、舞台はポーランドらしい。

あとは、 "アイ・アム・デビッド"
こちらは母を訪ねて冷戦下の"ブルガリア"からデンマークに逃げる話。
テーマもさることながら、背景のひまわりとか、 旅程の描き方もすばらしいかも。

スレッドが立てられていないもの
CHARON
ICHIGEKI/一撃
苺の破片 イチゴノカケラ
レオポルド・ブルームへの手紙
アイ・アム・デビッド
呪戒〜JUKAI〜
posted by jitterbug at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

2005年2月11日,12日公開の映画

2月11, 12日に公開される映画を 2chのスレッドのメッセージ数(一日)で ランキング。今週は"ボーン・スプレマシー"、"マシニスト"、 "サスペクト・ゼロ"が上に来ている。

更新数/日 記事数 映画タイトル スレッドへのリンク
14.88 554 ボーン・スプレマシー ボーン・アイデンティティ/スプレマシー
5.95 80 マシニスト すでに365日【⊥】マシニスト【П】眠っていない
4.96 29 サスペクト・ゼロ サスペクト・ゼロ
0.99 43 運命を分けたザイル 運命を分けたザイル
0.00 3 ボーン・スプレマシー ボーン・スプレマシー
0.00 25 ソン・フレール−兄との約束− 【剃毛映画】『ソン・フレール』

"ボーン・スプレマシー"とか"THE JUON/呪怨"、"運命を分けたザイル"は 変則的に金曜日の今日から公開だ。
先週に書いたものには 2/11公開の物も含まれてしまっていたようで少し反省。

この中では"マシニスト"に期待。
"ファイトクラブ"とか"シャイニング"のREDRAMとか "メメント"とかが連想されるが内容はどーなんだろうか。

映画のキーワードは「不眠」。不眠の状態に陥った男の精神状態を 描いた作品とのこと。
仕事が忙しくて休みが取れない、しかも家に帰ったら眠るだけで しかも眠りも浅いため疲れが取れない。 明日の業務が脳内に貼りついてなかなか眠りに落ちる事が出来ない。
なんて人がわずかな息抜きの間に見に行くと大変な事になりそうですが。

あと、この映画は妙なコラボレーションを展開している。 映画の主題とは事なり快眠がテーマだが、 「東急ホテルで快眠宿泊」とか「テンピュールの枕」などを 展開中。
コラボはさておき、 映画自体は面白そうなので行ってみる事に。

あとはコメントも頂いた"運命を分けたザイル"も今週から。
スレッドの更新数は少ないながらも評判はいいようである。
今朝の評判だから試写会に行った人に限っての意見ですが。

以下はスレッドが立ってないもの。

スレッドが立てられていないもの
プロジェクトY ゆふいんafterX
シベリア超特急5
大統領の理髪師
THE JUON/呪怨
ファイティング・テンプテーションズ
フェスティバル・エクスプレス
posted by jitterbug at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

"blogの共有"と企業での運用について考えてみた

はじめはなんに使うのかと疑問だったが、 使い方によっては有用かもしれないと思い始めている。

確かにはじめは懐疑的だった。自分がそれを使うとは 思えなかったからである。

SeeSaaの狙いとしてはお知らせ中の「会社のプロジェクト等でブログをご活用ください」 にもあるように、企業向けサービスとしての自社のblog サービスを拡充して いくことにあるのかなぁとか思う。

確かに、企業向けだとあるプロジェクトのメンバーだけが {書き込める|読み込める}ようにしたりはできると思う。
しかし、「共有が出来ます」というだけでは先行しているオフィス用のグループウェアの 持つ「便利に共有できます」「しかも独自のサービスを組み込めます」 を置換するものにはならないと思う。
そこにblogの持つ強みが生かせればよいとは思うのだけれど。

社内の情報伝達をとりわけ横断的に加速するには 例えばTrackBackであったりRSS配信が有効になるだろう。

例えば、ある悩みはどこか違う部門でも共通のものかもしれない。 自部門の悩みに対して他の部門では研究開発が{進捗|完了}していることもありうる。
曰く、「お前が通り過ぎたところは既に我々が4000年前に通り過ぎているっっっ!」(某漫画)である
ダブルで不要な開発投資をしているなんてことは往々にしてよくあることだ。
自らの隣人を関係ない部門にも多く持ち、意見や悩みを交換し合い、 解法を共有することは企業の活力・コスト縮減に役に立つと思われる。
そしてblogはそーいうことを可能にするはずだ(希望的観測)。

また、優秀な人材を抱えながら、日々の仕事に埋没させることの多い大企業などで 偉材を発掘するのに有用かも知れない。
営業でこそ花開く人なのになぜか総務にいる、なんて係員が居る。 内業でストレス溜めながら、でも分かってもらえない。
blogで自らをアピールすることで、 自らの理想のキャリアに繋げる"正当な圧力"に出来ればよいと思うのだが。

あと、最後にわがままだが、 ユーザ認証についてはいちいち パスワードを入れるダイアログが出てくるのは煩雑である。
認証をパスワードだけではなくて、接続元だとかIP Addressとか もしくはcookieでの認証にして欲しいなぁ。

posted by jitterbug at 21:25| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

2005年02月05日公開の映画スレッドの進行状況

前回から3日 が経つ。
この土日で映画の評判も固まってきていると思うので、再度スレッドへのリンクと 更新数の表を取得し直してみた。

更新数/日 記事数 映画タイトル スレッドへのリンク
78.05 153 劇場版AIR 【アレはアレ】劇場版AIRスレ2【コレはコレ】
74.15 833 アレキサンダー ■アレキサンダー■
62.44 184 きみに読む物語 きみに読む物語 - The Notebook -
19.51 214 ファンタスティポ トラジ「ファンタステイポ」ハイジ(剛&太一)
13.66 15 復讐者に憐れみを 復讐者に憐れみを
8.78 239 ステップフォード・ワイフ ステップフォード・ワイフ【キレイナ奥様一体キボン】
3.90 178 1リットルの涙 【おかーさん】1リットルの涙【ありがとう】
2.93 73 ビフォア・サンセット 【イ−サン】来年公開ビフォア・サンセット【デルピ−】
0.00 36 運命を分けたザイル 運命を分けたザイル
0.98 411 新・影の軍団 最終章 【IZO】高野八誠#5【新・影の軍団】

あと、この数日間 (2005年2月4〜7日)のスレッドの更新数を時系列的に 追ってみた。公開前から公開後のスレッド内のメッセージの流れが これでわかるはずだ。

↓はクリックすると拡大します(注)
movie050204_07.jpg

これによると、前評判の高かった"アレキサンダー"が 高値安定であることがわかる。
また、当初はドングリの背比べの位置にあった "きみに読む物語"が高い位置にまで上がっている。
実際にスレッドを読んでみても評価は高そうだ。
この動きをみていると "きみに読む物語"はクチコミで広がって行きそうな気がする。

posted by jitterbug at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

2005年2月5日公開の映画と映画板のスレッド

今日は数が多い。
全般的に数字は少ない方だ。といっても、公開前だから この数値はあくまでも期待の度合に過ぎない。
"アレキサンダー"が若干多いみたいだがそれでも33メッセージ / day 程度のものである。
個人的には千葉真一の"影の軍団"に頑張って欲しい。

更新数/日 記事数 映画タイトル スレッドへのリンク
33.02 679 アレキサンダー ■アレキサンダー■
8.52 76 きみに読む物語 きみに読む物語 - The Notebook -
4.26 183 ファンタスティポ トラジ「ファンタステイポ」ハイジ(剛&太一)
3.20 218 ステップフォード・ワイフ ステップフォード・ワイフ【キレイナ奥様一体キボン】
2.13 36 運命を分けたザイル 運命を分けたザイル
1.07 60 ビフォア・サンセット 【イ−サン】来年公開ビフォア・サンセット【デルピ−】
1.07 467 ボーン・スプレマシー ボーン・アイデンティティ/スプレマシー
0.00 174 1リットルの涙 【おかーさん】1リットルの涙【ありがとう】
0.00 410 新・影の軍団 最終章 【IZO】高野八誠#5【新・影の軍団】
0.00 13 ファンタスティポ ファンタスティポ

スレッドが立てられていないものも今週は 山ほどある。

その中で注目しているのは"タッチ・オブ・スパイス"である。
トルコとギリシャは隣国同士なのだが、いまだに紛争の種を抱えている。

この映画はそういった背景を描きつつ、 スパイスをメタファーとして物語を描いているらしい。

とりわけ、公開されている写真にあるスパイスが吊された店舗は いい味がでており好感触。
Bunkamura ル・シネマで今日から公開。なお、先着100名には スパイスセットくれるらしい。

あとは"運命を分けたザイル"は ノンフィクションぽぃクリフハンガーみたいなものだろうか。
マッチョな人が薄着で頑張ります、なんてものじゃなくてより 現実的に雪山を描いている。

昔、アイスクライマーというゲームがあったが、 実際にやってみると大変なんだろうなぁ、熊がでてくるどころの 騒ぎじゃないのだろうなあとか思った。
あのゲームでも多人数プレイで(といってもファミコンなのでせいぜい2人だが) 一人が進み過ぎるともう一人が取り残されて画面から消えて"一機失って"しまう 。協調が重要(「頼れるのはパートナーだけだ!」)だという点ではこの映画と、 あの歴史的なゲームのテーマは 合致しているのかも知れない。

あと、JUON(呪怨の米国版)やら死霊波やら着信アリ2やら 恐怖映画も3つぐらいある。

そいえば、シベリア超特急は5までいったのね。
大槻ケンヂが出てる。

スレッドが立てられていないもの
運命を分けたザイル
THE JUON/呪怨
シベリア超特急5
サスペクト・ゼロ
大統領の理髪師
DV
劇場版AIR
ファンタスティポ
レフト・アローン
晴れた家
らくだ銀座
死霊波
復讐者に憐れみを
アニムスアニマ
エメラルド・カウボーイ
ザ・キーパー 監禁
着信アリ2
ラマン
タッチ・オブ・スパイス
ステップフォード・ワイフ
posted by jitterbug at 08:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

seesaaのページ認証機能追加について

カラーパレットについては別の方がコメントしてるので敢えて ページ認証機能について書いてみます。

ページ認証という自由度が生まれたのは歓迎すべきだと思います。

友達にしか見せたくない、とかそーいう用途の場合、パスワードを共有することで 閉じたblogに出来ると思います。

でも、やるならカテゴリーごとにそーできるとか、そのようにしてほしかった。
たとえば、ひとつのblogの中で、

  • 日記 : 公開可能
  • アフィリエイト系 : 公開しないわけがない
  • 友達限定 : 公開しない パスワードはシェアして仲間内で見る
  • 自分の黒歴史 : 公開するはずがない

というカテゴライズを行っていた場合はカテゴリーごとに認証の設定をしておいて、 公開・非公開を記事カテゴリーで設定したい、という用途はあると思います。

でも、現在の「ページ認証」ではカテゴリごとというよりは、blog全体の 認証に近いイメージだと思います。

といいますのも、/(全体)の認証は"blog全体"の認証という意味で効果を発揮しますが、 archive, imageなど単体での認証はあまり実用的ではないと思えるからです。
たとえばarchive, imageなどの子ディレクトリのみの認証だと 以下のような弊害が出るかもしれません。

  • imageだけ認証かけたら "公開"している記事が画像を貼り付けてる場合いちいち 認証ダイアログが出る
  • archiveに認証かけると 月ごとの記事が見られない

つことで、directory単体の認証は機能として(私はね)疑問です。

おそらく このサービスの中身は.htaccessを書き換えるようなものだとは思うんですが、 記事カテゴリごとに認証をするようにした方が利便性がよいと思います。

ま、その際にはカテゴリごとに違うdirectoryに記事が 配置されるようにしないといけないので seesaaの中の人が大変だと思いますけど。

でもまぁ、いろいろ模索して、改善を続けるシーサーの中の人には期待してます。
最近サーバのメモリ増やしたりしてくれてるし、 見た目もずいぶん変わってるのでがんばってほしぃ。

posted by jitterbug at 21:01| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。